どちらかと言うなら殻は弱くて、取扱いが簡単なのも喜ばしいポイント。ワタリガニを発見した時は、何としても蒸し蟹と言うものを口に運んでみると満足いただけると思います。
カニとしては小ぶりの種別で、中身の密度もちょっぴり少ないのが毛ガニの特徴ですが、身はうま味が抜群のしっくりくる味で、カニみそも濃い目で「カニ通」に称賛されているのだと思われます。
希少なジューシーな花咲ガニをお取り寄せするなら、根室原産、花咲ガニ、これがブランドともいえます。待ったなしで在庫ゼロになるから、売れ切れ前に購入予定を立てておくべきです。
「カニを口にした」という幸せな気持ちを体感できるのはタラバガニで決まりですが、カニの特徴であるコクのある味を間違いなく楽しめるのは、ズワイガニであるといった差が見受けられます。
北海道ではカニ資源を保護しようと、海域を分けて毛ガニの捕獲期間を据えておりますから、一年を通して漁場を入れ替えながら、その質の良いカニを味わう事が叶います。

根室代表、花咲ガニ、主に北海道の東部で多く棲息しており日本全国を見ても絶賛する人がたくさんいる蟹です。ねっとりと濃厚な味わいが素晴らしい水揚直後に茹でられた弾力のある身は他のカニに引けをとりません。
漁ができる時期が設定されているので、ズワイガニの旬とされている季節は、おおよそ冬場で、期間的にもお歳暮などの進物や、おせちの一品として役立てられていると考えられます。
花咲ガニというのは、ごく短期間の漁期で(5月〜8月)、ですから、短い旬の間だけ口にできる特殊な蟹のため、食べる機会が今まで一度もなかったと口にする方が相当いるかもしれません。
珍しいカニと言われることもある風味豊かな花咲ガニ。白黒明白になる一種独特なカニなのですが、びびっときたなら、一回、本当に堪能してみるべきではないでしょうか。
一際4月前後から6〜7月頃までのズワイガニはとても秀逸だと語られていて、うまいズワイガニを食したいと思えば、その期間に買い求めることを一押しします。

概ね毛ガニは、甲羅の長さが10〜12cm程のそれほど大きくないカニで、漁の開始時は、紺色と類似的な褐色となっていますが、茹でることで鮮明な赤色に変色します。
ワタリガニは、いろんなメニューで賞味することが出来てしまうわけです。焼き飯に使ったり、揚げたり、各種の鍋も推奨したいです。
「日本海産はとても良い」、「日本海産は味に深みがある」という考えは誰もが持ちますが、北米カナダの沿岸海域、太平洋の緑海ともなっているオホーツク海、日本海の約2倍ほどの広さがあるベーリング海も、ズワイガニから見れば「棲息しやすい領域」となっているわけです。
もしも活動的なワタリガニを捕獲した場合は、負傷しないように慎重にならないといけません。頑丈な上に棘が尖っているので、手袋などを用いた方が良いでしょう。
大柄な身が素晴らしいタラバガニだと言えるが、味はちょっぴり淡白と言えるため、あるがまま湯がき食べようとするよりも、カニ鍋に入れて味わった方がよろしいとの意見が多いです。